微熱

ちょっと熱っぽい方が何だか楽しくやれる気がします。

kazu

ハリルホジッチ氏の戦術や選手起用は?サッカー日本代表監督に就任!

      2015/06/03

ハリルホジッチ氏(62)のサッカー日本代表の監督就任が内定した模様です。
早ければ3月27日の国際親善試合、チュニジア戦で
ハリルジャパンの初陣を見ることができるかもしれません!

 

スポンサーリンク


 

ハリルホジッチ氏をあまり知らない方も多いかもしれませんね。
ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)出身で
1952年10月15日生まれの62歳。

ハリルホジッチ監督の写真

 

現役時代はパリ・サンジェルマンなどに在籍したフォワードの選手で
ユーゴスラビア代表としても選出されていますね。

 

2008年に、コートジボワール代表監督を務めた頃から
監督としても世界的に注目されるようになったようです。

 

2011年にはアルジェリア代表監督に就任し、
2014年ワールドカップブラジル大会に出場しましたね。

 

この時ベスト16まで進み、優勝国のドイツと対戦し
延長戦の末敗退しましたが、ドイツを苦しめた戦いは
見応えがありました。

 

 

オシム元監督の影

アギーレ監督の突然の解任によって、急遽代表監督の人選をしなくてはならなくなった
日本サッカー協会では、元日本代表の監督経験のある
オシム氏に相談をしたようです。

 

ちなみに、オシム氏もハリルホジッチ監督と同じ
ボスニア・ヘルツェゴビナ出身です。

 

オシム氏に相談したからハリルホジッチ監督になったのかと言うと
そうでもないみたいなんですね。

 

なぜかと言うと、オシム氏自身は日本代表監督は
ヨーロッパのクラブチームで戦い、実績を残してきた日本人が
最適だと考えていたようです。

 

しかしながら、今のところ十分な活躍をした選手としては
中田英寿さんや中村俊輔さんなどがいるんですが、
代表監督になるための資格を保有してないんですね。

 

(具体的にはS級ライセンスと言う物が必要です)

 

ハリルホジッチ氏は2014年ワールドカップ後
トルコのクラブチーム、トラブゾンスポルにいましたが
2014年11月に契約解除していました。

 

ちょうど、フリーだったんですね・・・

 

スポンサーリンク


 

戦術とか選手起用に関しては?

もともとフォワードの選手だったので、攻撃的なチームつくりが得意なようです。
その象徴的なチームがコートジボワールでした。

叫ぶハリルホジッチ監督

 

またアルジェリア代表では強靭な守備力と素早い攻守の切り替えによる速攻を定着させ
ワールドカップベスト16まで進んだ経歴があります。

 

そして、最も特徴的な戦術は、相手に応じてシステムを変えると言う采配をすることではないでしょうか。
実際にアルジェリア代表では、様々なシステムを使い分けて戦ってきたようです。

 

ただ、システムの変更や対応は実際は選手が行うので
「4-3-3」でも「5-4-1」になっても
自分の割り当てられたポジションの仕事がきちんと出来るかどうか。

 

これは日本の選手のスキルに関わってきます。
ハリルホジッチ監督が考えるように、相手によってシステムを変えると言う戦術は
日本の選手の力量によって使えるかどうかが、これから試されそうですね。

 

選手起用に関しては戦術をどの程度理解しているか、
その理解度に重点を置く傾向が強いようです。

 

また、いろんなポジションをこなせる選手と
ドリブル突破が強い、ヘディングが得意など
特徴を持つ選手を上手に組み合わせてチームを作る傾向があります。

 

そうなると、また今の日本代表の顔ぶれから
随分と変わってくるかもしれませんね。

声援に答えるハリルホジッチ監督

 

 

さて、微熱度ですが38.5℃

 

とにかく2018年ワールドカップ・ロシア大会に向けて
着実に進んで行って欲しいわけですよ。

 

あれ。でもストイコビッチはどうなったんだろう・・・
ま、そんなことはともかく。。。

 

 

この6月からはアジア予選が始まります。
アジア予選の組み合わせは
2015年4月14日にクアラルンプールで決まる予定になってます。

 

もう時間がありませんね(^^ゞ

 

早く就労ビザの手続きをして
指揮してもらいましょう!

 

そして、みんなでハリルジャパンを応援しましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

 - スポーツ , ,