微熱

ちょっと熱っぽい方が何だか楽しくやれる気がします。

九州学院・伊勢大夢(いせひろむ)投手の出身中学は?絶対完投!【2015センバツ】

      2015/06/03

九州学院の伊勢大夢(いせ ひろむ)投手の出身中学はどこでしょう?
九州男児らしい強気のピッチングが持ち味の伊勢投手。

 

九州学院は走攻守でバランスの取れたチームに仕上がっているようです。
そんな九州学院を分析してみましょう。

スポンサーリンク


 

昨秋の明治神宮大会に出場した時は
さすがに名門高校のユニフォームに威圧感を感じたと
初の全国舞台に立った感想を率直に語っていた伊勢投手。

 

しかし、そのプレースタイルはあくまでも強気。
そして誰にもマウンドは譲らないと言う
完投への強いこだわりも持っています。

 

その言葉通り、昨秋の大会では公式戦12試合を
すべて一人で投げ抜きました。
地肩の強さもあるんでしょうね。

 

投球回数はなんと98回にもなります。
防御率は2.57。

 

持ち味のコントロールの良さから
打たせて取るピッチングで守備からチームのリズムを
組み立てて行く役目も担っています。

 

フォアボールも少なく安定したピッチングを見せてくれます。
ストレートも最速142キロと見応えがあります。

 

伊勢大夢投手の写真

【伊勢大夢投手のプロフィール】
生年月日:1998年3月7日
投/打 :右/右
身長  :182㎝
体重  :78kg
出身中学:西山中

 

伊勢投手が野球を始めたキッカケになったのは
Honda熊本に勤務していたお父さんに連れられ
社会人野球の応援に行って、その迫力に魅せられたそうです。

 

小学校4年生から野球を始め、
西山中学校では2年生の秋にピッチャーが居ないからと
ショートを守っていた伊勢投手が肩の強さを見込まれて
ピッチャーに転向したそうです。

 

以来、投手として活躍して来ました。
中学時代から肩が強かったんですね。

 

スポンサーリンク


 

チーム総評

九州学院は熊本県代表。
今回は3年ぶり、6回目のセンバツ出場になります。

 

センバツ出場を喜ぶ九州学院ナイン

 

チームカラーは何と言ってもバランス。
走攻守のバランスの取れたチームに仕上がっていると
20年以上九州学院を率いてきた坂井監督が評価しています。

 

抜きに出た選手がいる訳でもありませんが
特に何かに劣っていることもない。
非常に安定した力を発揮できるチームだと言うことです。

 

投の要は前述した通り伊勢投手です。

 

打の方では2年生ながら4番を打つ松下且興(かつき)選手は
球を遠くに飛ばす天性の能力を持っており、三振もチーム1だが
三塁打もチーム1。打点も11とチームトップです。

 

中原力也捕手は打順こそ低いもののホームランを打つほどの
底力を持った選手です。

 

走攻守のバランスで九州王者が
甲子園でどのような戦いを見せてくれるのか
非常に楽しみです。

 

チームデータ

昨秋の成績

 

試合数    12
勝      11
負      1
分      0
総得点    84
平均得点   7.00
総失点    36
平均得失点差 4.00

 

打数     370
安打     126
打率     .341
打点     76
二塁打    23
三塁打    9
本塁打    8
三振     44
四死球    50
犠打飛    36
盗塁     2
平均盗塁   0.17
失策     14
平均失策   1.17

 

学校紹介、OBなど

1911年にキリスト教系の私立中高一貫校として創立し、
野球部も同じ年に創部しました。
1991年には男子校から共学になりました。

 

九州学院の地図

 

甲子園の出場は春夏合わせて13回目。
野球部OBは、吉本亮さんなど。

 

 

2015年第87回選抜高校野球大会での
九州学院の期待度は37.1℃

 

開会式直後の青森代表の八戸学院光星と
顔合わせが決まっています。
開会式直後のため、十分なアップができないかもしれません。

 

ただ、観客は必ず満員になっていますので
エースの伊勢投手にとっては
燃える舞台と言ってもいいでしょうね。

 

■第87回選抜高校野球大会成績

大会1日目 第1試合(10:30)
九州学院(熊本)2 – 9 八戸学院光星(青森)

 

スポンサーリンク


 

 

 - スポーツ