微熱

ちょっと熱っぽい方が何だか楽しくやれる気がします。

kazu

桐蔭・橋中基岐(はしなかもとき)選手の経歴は?打撃重視!【2015センバツ】

      2015/06/03

桐蔭の橋中基岐(はしなか もとき)選手の経歴とか評判について
少し解説してみようと思います。

 

桐蔭は2015春の選抜で21世紀枠で選ばれました。
その中心選手になっているのが橋中選手です。

スポンサーリンク


 

まずは橋中選手の経歴やプロフィールを
みて行きましょうか。

 

橋中基岐選手の写真

【橋中基岐選手のプロフィール】
投/打 :右/右
身長  :173㎝
体重  :75kg
出身中学:箕島中

 

橋中選手は箕島中学校時代に和歌山ライオンズの所属していて
なんと和歌山県選抜チームに選ばれたこともあるんですね。

 

ヤングリーグ全日本少年硬式野球の第5回倉敷国際大会の関西ブロック予選で
奈良選抜を破り和歌山選抜として全国大会出場を果たしたことがあります。

 

ヤングリーグ和歌山選抜

 

もうその頃から才能が開花していたんでしょうね。

 

桐蔭でも打の中心的存在になっています。
打率に関しては5割2分9厘と、出場選手中5位。
打点も5試合で7打点とポイントゲッターぶりを魅せてくれてますね。

 

チャンスには自信があると、本人が言っているように
得点圏にランナーがいる時の方が集中力が高まっているようです。

 

今大会でもその打席から目が離せませんね。

 

スポンサーリンク


 

チーム総評

桐蔭は和歌山県代表。
今回は53年ぶり、16回目のセンバツ出場になります。

 

センバツ出場を喜ぶ桐蔭ナイン

 

なんと夏の甲子園が開催された100年前の
第1回大会に出場していたと言う名門チームです。

 

しかも1921年、1922年の夏の選手権で史上初の連覇を達成したのも
桐蔭でした。

 

選抜でも1927年の第4回大会で優勝しています。

 

古豪が満を持して21世紀枠で登場した訳です。

 

チームは打力を中心とした仕上がりになっています。
中心になるのはやはり橋中選手ですが
他にも梅本翔馬選手や西柊平選手などにも期待できます。

 

投の柱は右腕の伊澤由紘(ただひろ)投手です。
130キロのストレートに変化球は
2種類のカーブとスライダーを持っています。

 

とにかく低めにコントロールして打たせて取るピッチングを心がけています。
制球力は非常に安定していますね。

 

一方で課題になるのが守備。
守りのミスからピンチを広げてしまった経験もあり
ミスを出さないことが何より重要なポイントになりそうです。

 

部員は総勢19名。
3月17日に行われた甲子園での公式練習では
2日に卒業した元部員達が練習の補助に参加しました。

 

元部員たちも、甲子園の土を踏むことができたのは
とてもいい経験になったのではないでしょうか。

 

チームデータ

昨秋の成績

 

試合数    5
勝      3
負      2
分      0
総得点    23
平均得点   4.60
総失点    17
平均得失点差 1.20

 

打数     157
安打     51
打率     .325
打点     22
二塁打    11
三塁打    0
本塁打    0
三振     15
四死球    20
犠打飛    12
盗塁     2
平均盗塁   0.40
失策     8
平均失策   1.60

 

学校紹介、OBなど

1879年に旧制和歌山中学として創立した県立高校です。
野球部は1897年に創部。

 

桐蔭の地図

 

野球部OBは、故西本幸雄さんなど。

 

 

2015年第87回選抜高校野球大会での
桐蔭の期待度は36.9℃

 

打線が魅力のチームなので
是非、その打力を甲子園でも魅せて欲しいですね。

 

100年前の大会にも出場したことのある
名門・古豪をこの目で見たいと思うファンも多いでしょう。

 

21世紀枠とは言え、その経歴では大会でも群を抜いてますね。
桐蔭と言えば大阪桐蔭となってしまう昨今、
本当の桐蔭の姿をしっかりとこの目に焼き付けたいです。

 

■第87回選抜高校野球大会成績

大会2日目 第1試合(9:00)
今治西(愛媛)  11 – 7 桐 蔭(和歌山)

 

スポンサーリンク


 

 

 - スポーツ