桑原豊氏が退任!経歴や年収は?清水邦晃氏がワタミの新社長に!

桑原豊氏がワタミの社長を退任することになりました。
代わって新社長になるのは、学生時代にワタミでアルバイトをしていた
清水邦晃氏、44歳。

桑原氏は3月1日付けで代表権のない取締役となる予定です。
2期連続の赤字経営に対する責任を取る形ですね。

この人事によってワタミの経営はどのようになるのでしょう?
また桑原氏の年収はどのくらい変わるのでしょうか!
しょっとそんなことが気になりました(^^ゞ

スポンサーリンク


桑原豊氏の経歴をちょっと見てみましょう。

桑原豊氏現ワタミ社長

・1958年生まれ。
・1978年 すかいらーくに入社
・1983年 藍屋に入社
・1998年 ワタミフードサービス(現ワタミ)に入社

営業本部長などを務めた後、常務取締役に。
2009年からワタミの社長に就任されました。

一貫して外食産業の第一線で活躍されてこられたようですね。

ただ、ワタミグループ全体で見た場合は
外食産業だけではなく介護など多くの分野を手がけており
その手腕を全て発揮することができなかった・・・

と言う感じの業績になってしまったようです。

さて、一番気になるのがお給料じゃないでしょうか。
社長を退くことによって、桑原氏の年収
どのくらいになるのでしょうか?

ワタミの役員報酬は取締役で約1億円だそうです。
代表取締役がその上更にどの程度もらっているかまでは
わからなかったのですが桑原氏は社長でなくなっても
1億円くらいの報酬はあるみたいですよ。

では、新しくワタミの新社長に抜擢された
清水邦晃(くにあき)さんて、一体誰?

清水国明さんの間違いでは?

あのねのねの清水国明さん

いやいや、それはあのねのねの清水さんですね(^^ゞ

こちらが新社長の清水邦晃さんです!

ワタミの新社長、清水邦晃氏

経歴を少し見てみましょう。
年齢:44歳
出身:兵庫県
学歴:明治大付属中野八王子高卒
明治大学中退
1991年ワタミフードサービス(現ワタミ)入社

ワタミの介護の社長、ワタミ取締役などを歴任し
2014年10月にはワタミの常務兼ワタミフードサービスの社長を務めていた人物です。

大学時代にアルバイトとしてワタミに勤務し
その後大学を中退してワタミに入社したと言う
異例な人物です。

アルバイトから社長にまで上り詰めたのですからね。

スポンサーリンク


ワタミの創業者である渡邉美樹前会長にも
一目置かれていたようで渡邊元会長のfacebookには
元会長のモノマネをする様子などが掲載されています。

壇上で渡邉美樹氏のモノマネをする清水邦晃氏

多分、だいぶ可愛がられてたのではと想像できますよね。

渡邉美樹氏の今日のfacebookでは
清水新社長とビールで乾杯する様子が投稿されています

乾杯する渡邉美樹氏と清水邦晃氏

ワタミでは社長交代と同時に
ワタミフードサービスなどの子会社を統合し経営の再建を図る狙いのようですが
清水新社長の経営手腕が問われることになりそうですね。

さて、微熱度なんですが37.1℃

おっ!
比較的高めか!?

まあ、いろいろと会社経営では話題に事欠かないワタミ。
その新社長がアルバイトから始め社長にまでなった人物となると
少し興味が湧きますよね。

ワタミの経営自体には
何ら興味はないのですが
どのような話題を提供してくれるのか!

あのねのねの原田さんに負けないくらいの
インパクトが欲しいところかとww

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする