ドクター倫太郎の愛車はボルボ!倫太郎の過去が明らかに【ネタバレ】

ドクター倫太郎の愛車が、まさか
ボルボだとは思いませんでしたね~

毎週楽しみに観ていますが
正直倫太郎が車を運転するとは
想像していませんでした。

スポンサーリンク


はい、こちらが倫太郎(堺雅人)の愛車
ボルボ240ですね!

倫太郎と愛車のボルボ240の写真

円能寺理事長(小日向文世)との遠出で
海辺のレストランまで来た時、
夢乃(蒼井優)の中の明良(あきら)に人格が変わり・・・

救いを求めて倫太郎に電話をかける明良。

倫太郎は愛車で
明良のいる海岸へ迎えに行く!

愛車が登場したのは
そんなシーンでしたね。

倫太郎のボルボ240って

なかなか渋い車に乗ってたんですね!
ボルボだなんて。

それも最新型ではなく240だと
1990年ころのモデルですね。

ボルボ240の写真

角ばったデザインが時代を物語ってますが
今見るととっても新鮮でカッコいい!

ワゴンではなくセダンなところも
またしっくりと来ているので
何だか絶妙だなぁって。

これは原作
セラピューティック・ラブにも設定があったんでしょうか?

それとも脚本中園ミホさんの
オリジナルなのでしょうか。

倫太郎とこのボルボ240は
とってもマッチしていましたね!

なんか医者だと言うことで
愛車だともっと高級な車を想像しちゃいそうですが
このボルボ240は今は中古で
50万から150万円くらいの
手頃な価格になってます。

なんか、ちょっと欲しくなってきたぞ・・・

第5話での話題

第5話で特に話題となって
物語の中心になったのは
やはり倫太郎の過去が明らかになったこと
ではないでしょうか。

これまで語られる事のなかった
倫太郎の過去、精神科医になったきっかけ、
キーパーソンとなっているコメディアンを
尊敬している理由。

などなど、ドラマの根幹をなす
非常に重要なポイントが
沢山明らかになりましたよね。

今後、最終回に向かって
ドラマが進んで行く上で
特に重要なポイントだったと思いますよ。

一方で夢乃(蒼井優)の過去も
だいぶわかってきましたね。

解離性同一性障害ではないかと
倫太郎は明良のことを診断しています。

そして、その要因となっているのが
母親である相沢るり子(高畑淳子)
愛情を受けずに育ったことに起因していることを
知ることになります。

ドラマの中で明らかになっていなかったことが
どんどんとハッキリした第5話。

今後の展開が、またより一層
楽しみになりましたね。

倫太郎は明良を助けたいと思っています。
それは好きになったからかもしれません。
逆転移かも!

ただ明良を助けるのか
夢乃を救うのか!

倫太郎の中でも迷いがあり
明確な方向性は出ていない様子でした。

この辺が、今後の展開の行方を
大きく左右しそうですね。

スポンサーリンク


尊敬するコメディアン

これまでドラマの中では
「私の好きなコメディアンがこう言ってます・・・」

と『好きな』って表現をしていたコメディアン。

好きなだけでなく、
尊敬する人物だったんですね!

このコメディアが
タモリさんであることは既に
有名な話しになっていますね。

母親のうつ病のことを知らずに
頑張ってと励まし続けた倫太郎。

母が亡くなったあと、失意のどん底にあった彼を
笑わせたのがタモリさんだったと言うことが
5話の中で明らかになりました。

大好きなコメディアンとは
こんな感じで出会っていたのですね。

ドラマ的にリアリティに欠けるかもしれませんが
タモリさんが登場したら
面白そうじゃないですか!

最終回とかサプライズで
タモリさんが出てきたりとか!

まあ、どのように使うかは
脚本家の腕次第だと思いますが・・・

って、無理な設定かなぁ
だけど、コメディアン、タモリさんは
このドラマではキーパーソンの一人ですからね。

何かサプライズがあるかもしれませんね!

Dr.倫太郎は
第6話以降も大注目ですよ!

お見逃しなくです!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする