藤井幸大(コロッケ王子)の経歴や年収は?大学や出身地の情報も!

藤井幸大さんは日本コロッケ協会の会長で
コロッケ王子と呼ばれているようです。

コロッケ王子!?
なんかとっても変わった感じ満載だと思ったら
マツコの知らない世界に出演されるみたいですね・・・

やっぱり。。。
ってなわけで藤井さんの経歴や年収
大学や出身地など気になったので調べちゃいました。

スポンサーリンク


藤井幸大さんのプロフィール

藤井幸大さんの写真

出身:北海道札幌市
出身大学:日本大学工学部
年齢:34歳(推定)
勤務先:一般社団法人日本コロッケ協会
役職:会長兼理事長

藤井さんの詳しいプロフィールは
ネット上ではほとんどありませんでした。

ただfacebookをご利用されているようで
そこから北海道出身であることや
出身大学などがわかります。

藤井幸大さんのfacebook

facebookでも、思いっきり
コロッケ王子って書いてありますね^^!

日大の在籍期間が2000年から2003年と
記載されていましたので
現役で大学進学されているとしたら
年齢は推定ですが34歳くらいかと思います。

勤務先に関しては
サンマルコ食品と記載されています。

現在の日本コロッケ協会との関係はわかりませんでしたが
サンマルコ食品の商品部MD室の室長さんでもあるようですね。

サンマルコ食品の代表取締役社長が
藤井幸一さんと言うことで
もしかするとお父さん?

そんな予想も出来そうな感じです。

またfacebookでは以前の職場に
三菱食品と記載があります。

コロッケが大好きだと言うことで
工学部出身ですが勤務先は
食品関係になってますね!

また、いろいろな職場、会社を
経験されていることが
この経歴よりわかってきます。

東京都文京区在住とありますが
正確な情報かどうかは判りませんでした。

年収は?

日本コロッケ協会は一般社団法人のようです。
非営利団体ですね。

ただ、非営利団体ってのは
利益を出してはいけないって言うことじゃないんですね。
更に言えば、もちろん給料も出ます。

なんとなく非営利団体って聞くと
利益を追求せずボランティア的に働く・・・
みたいなイメージがありますが
そうではないみたいです。

で、一般的に非営利団体の給料と言っても
やはり様々なようです。

まあ、大企業までは行かないにしても
そのくらいかな。
中小企業よりはちょっといいって感じではないでしょうか。

では、藤井さんの年収は!?

ずばり520万円!
(日本コロッケ協会のみ)

って感じではないかなって。
34歳で520万円なら
まあ、そこそこ良いでしょう!

マツコの知らない世界に出演する藤井幸大さん

藤井さんの場合は
年齢は若いですが、会長兼理事長と言う
肩書きがついていますので、その分の
職責加給があるでしょうね。

そうすると、もうちょっともらってるかもしれません。
その辺もマツコの知らない世界で
突っ込んでもらえると面白いんだけどなぁ。

まあ、あとはサンマルコ食品での給料も
収入としてはあると思われますので
年収としては結構もらってるのかもしれませんね~

スポンサーリンク


日本コロッケ協会の仕事

藤井さんが会長を務める
日本コロッケ協会って
どんな仕事をしてるんでしょうか。

コロッケ協会のホームページには
協会の説明として以下の記載がありました。

世界で唯一の”クロケット法人”日本コロッケ協会は、
「コロッケから世界の食卓を笑顔にする幸せ革命」をコンセプトに、
日本中に点在する”実はコロッケが大好き”だと自称する
コロッケ革命家(コロッケ協会員)たちと出会い、
そして連帯し、コロッケの奥深い世界観を相互に称賛し合うことで、
コロッケ文化の更なる発展とマーケット拡大を使命とする団体です。

うぅ~。
微妙にわからない(^^ゞ

会長の藤井さんの挨拶を見ると
まあ、コロッケを通して
日本をもっと笑顔にしたい!

ってことのようですね。

具体的な業務って
いったいどんなことをやってるかって言うと

コロッケグランプリの開催
コロッケ検定
テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア出演

このような活動を通して
コロッケの良さを再認識してもらって
笑顔を増やす活動が主な業務のようです。

ま、そのあたりの詳しい内容は
マツコの知らない世界で存分に語られるでしょうね^^

さて、藤井幸大さんの
微熱度は36.6℃

日本コロッケ協会の活動が
おそらくまだまだ十分ではないと思います(^^ゞ

私もコロッケは大好きですが
コロッケ協会の存在を知りませんでした。

これからは、もっともっとメディアへ
積極的に出て行って
コロッケの良さを全国のコロッケファンと
それ以外の人に知らせて欲しいですね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする