微熱

ちょっと熱っぽい方が何だか楽しくやれる気がします。

kazu

博多駅陥没は大成建設が施工!事故再発で教訓生かせず!

      2016/11/26

博多駅陥落の事故の影響が広がっている中、
工事を大成建設JVが請け負って施工していたことが
新たに判明し、話題になっています。

大成建設と言えば新国立競技場を受注したことで
注目を浴びましたし
最近では豊洲新市場の七街区の水産卸売場棟の建設も
大成建設JVです。

またこの地下鉄七隅線では過去にも陥落事故を起こしており
その再発防止が徹底されていなかったのかなど
指摘がなされているようなので詳細を検証してみました。

 

スポンサーリンク


施工は大成建設JV

博多駅前の陥落事故で
施工を行っていたのが大成建設を中心とする
ジョイントベンチャーだったことがわかっています。

福岡市地下鉄七隅線博多駅工区建設工事

また博多駅工区の工事の概要図(上図)からは
事故が発生したのはJR博多シティ地下街の
更に下層に予定された七隅線博多駅の
プラットホームの西端にあたる箇所のようです。

この工区は大成建設をはじめ、
佐藤工業森本組三軌建設西光建設などが工事を担当し
様々な工法が混在する難所と言われていたようです。

掘削に関しても、前方の地盤の状況を把握する
トンネル先行変位計測システム『TN-Monitor』の導入で
安全性の高い工事を進めていたはずなのですが。

工事がどの程度まで進んでいたかわかりませんが
プラットホームが出来る予定の場所まで
掘削が進んでいなかったとすれば
工事の一番先端で陥落が発生したと考えられます。

TN-Monitorが上手く作動していなかったのでしょうか。
現場で作業していた作業員の話しでは
地下水が流れ出て来たと証言しているようです。

原因の究明が待たれます。

スポンサーリンク


 

博多駅陥落現場の地図など

過去の陥落事故

この七隅線の延長工事では過去にも陥落事故が発生しており
今回の事故原因はまだ明確にはなっていないものの
再発防止が徹底されず教訓が生かせなかったのではとの
指摘も出ています。

平成26年10月27日、博多区祇園町のはかた駅前通り、博多警察署入口交差点の
付近が前回の事故現場で、およそ4m程度に渡って道路が陥没しました。

博多区祇園町陥落事故平成26年10月

博多区祇園町陥落事故平成26年10月その2

この時の施工者は松鶴建設・環境開発JVとされていて
大成建設の名前は出ていません。

大成建設が関わっていたのかに関しては明確ではありませんが
七隅線延長工事では大成建設が主導のJVで受注しており
その関連性は否定できないでしょう。

大成建設と新国立競技場

大成建設と言えば新国立競技場の施工業者として
大成建設JVが受注しています。

新国立競技場の建設予定図

大丈夫なんでしょうか・・・
少し心配になりますよね。

大成建設と豊洲市場

話題の豊洲新市場でも
大成建設JVが水産卸売場棟(7街区)の建設を
およそ339億円、落札率99.79%で
落札・受注し建設しています。

豊洲新市場の様子

(一番手前が水産卸売場棟)

もちろん地下空間は設置済みです。

豊洲市場に関しては大成建設の落ち度とは
関係ないかもしれませんが
旬な熱い話題として、あまりいい印象になりませんね。

豊洲新市場の安全性は大丈夫?

まとめ

大都会の中心部で起きた前代未聞の陥落事故。
これは日本の話しであって、決して中国などで起きている
事故ではないことに驚きを隠せません。

  • 七隅線延長工事の施工は大成建設JV
  • 七隅線延長工事では2014年にも陥落事故があった
  • 再発防止が生かされなかった
  • 大成建設は新国立競技場も受注
  • 大成建設は豊洲新市場も建設している

陥落の規模が大きく、周辺ビルの基礎部分まで
崩落しているので復旧まではかなりの時間がかかると
想像されますし、二次被害的にビルなどの崩落に
繋がらないよう慎重に対応しなくてはなりません。

大成建設も原因究明などには積極的に参加すると
表明しているようなので一刻も早く原因を追求し
今度こそ再発しないように努めて欲しいですね。

最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!

博多駅陥落現場の地図などはこちら

 

スポンサーリンク


 - 事件・事故, 地域