びっくりぽんは方言?あさが来たで流行語大賞を狙うってホント?

びっくりぽん!が『あさが来た』で主演の
波留が演じるヒロイン白岡あさ
口癖だってΣ(゚Д゚)!

ちょっとビックリなんですけど・・・
あさが来たって幕末ころの時代設定だったと
思うんだけど、その頃にポンとか言うの?

もしかして方言とかなのかな?
流行語大賞だなんて話しも出ているので
ちょっと気になってしまいました。
一体誰が考えたんでしょうね・・・

スポンサーリンク


びっくりぽんは方言?

毎回、波留演じる「あさ」は
びっくりぽんって言うんでしょうかね?

波留演じる白岡あさがびっくらぽんと言ってる場面

毎朝、聞かされるとなると
ちょっと大丈夫かなぁ~
少し心配になっちゃうのは私だけ?

そもそもあさが来たの設定では
文久2年の京都から物語がスタート
することになってますよね。

時代は幕末。
場所は京都。

京都の方言なんでしょうか?

京都って言ったら
「おいでやす~」みたいな
なんか、ほんわかしたイメージがあるけど
びっくりぽんは、そのイメージが無いんですよね・・・

どうも方言っぽくないですよね(汗)

そもそも方言でビックリってのが
微妙にあり得ない感じがするのと
幕末の時代にビックリって言ってたのかな・・・

びっくりの語源

びっくりの語源をネットで調べてみると
ドイツ語に由来してるとか出てきますが
もともと「びくり」から変化してきたとか。

室町時代くらいから使われているという
解説もあったりして、なかなかハッキリはしないんですが
まあ100歩譲って幕末にビックリと言ってたとしましょう。

なら、ポンは?

さすがにポンの語源とかは
調べることができませんでした。。。

でも、幕末の京都で
「ポン」はあまりにも似合わない感じがするのは
私だけでしょうかね(^^ゞ

スポンサーリンク


流行語大賞の可能性

びっくりぽんが流行語大賞を取る可能性は・・・

ほぼ、無いでしょうね(^^ゞ

どうも、じぇじぇじぇ以来
朝ドラで流行語を!
みたいな流れがあるんでしょうかね。

昨日、最終回を迎えた「まれ」も
中盤からかなり酷評され
終盤では「しっぱいおっぱい」を無理やり
流行語にしようとした演出になってきたとか・・・

私もまれは初回から観ていたんですが
希が塗師屋の女将をやるってあたりから
ストーリーが微妙になってきて
全然面白くなくなっちゃったんですよね。

そう思ってたらネット上でも評判がガタ落ちしてて
ついアラ探し的に見続けてしまいましたよ(^^ゞ

まれの後半の視聴率は
そんなアラ探し目的の人も多かったんじゃ・・・

・・・って話しがズレてしまったんですが
とにかく流行語大賞なんて
狙って取れるものじゃ無いような気がしますけどね。

視聴者がどのように受け止めて感じるか
によるとおもうので、放送開始前から
ネタとしても流行語なんて言ってる時点で
終了してると言えるでしょう。

あさが来たは朝ドラ的に期待してるんだけど
びっくりぽん!でちょっとショックって言うか

「幕末でそりゃ無いよ~!」

と、声を大にして叫びたい心境ですね。

びっくぽんは誰が考えた?

誰がびっくりぽん!を考えたんでしょうか・・・

原作の古川智映子さん?
原案となっている『小説 土佐堀川』で
びっくりぽん!が出てくる?

原作を確認したわけじゃないんですが
おそらくそれはないかと。

チーフプロデューサーの佐野元彦氏が考えた?
→まあプロデューサーが考えたのなら
仕方あるまい、って感じになるでしょうね(汗)

脚本の大森美香氏が考えた?
→私がプロデューサーなら却下しますけど・・・

まさか主題歌担当の秋元康氏が考えた?
→そ、それでも私がプロデューサーなら・・・

さて、真相はわかりませんが
毎朝びっくりぽん!を聞くことになりそうで
ドラマの中でどのように見せてくれるのか。

あさの子供時代を演じる
鈴木梨央ちゃんでびっくりぽんが始まるみたいですね!

あさの子供時代を演じる鈴木梨央ちゃんの画像

まあ、楽しみがまた増えたって
ポジティブに捉えて
放送を観てみたいと!

微熱度の発表は
実際に放送を観てからだな・・・(^^ゞ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする