微熱

ちょっと熱っぽい方が何だか楽しくやれる気がします。

kazu

木更津総合の課題は打線!鈴木・早川の2枚看板投手!【2015センバツ】

      2015/06/03

木更津総合は鈴木健矢(けんや)投手と早川隆久(たかひさ)投手の
2枚看板が最大の武器と言えます。

 

ただ、課題は打線。
2枚看板投手が好投をしてくれるので
あとは打線が奮起すれば、甲子園で春の嵐が巻き起こるはず!

スポンサーリンク


 

ではまず、二人の投手を見てみましょう!

 

まずは鈴木投手。

 

鈴木健矢投手の写真

【鈴木健矢投手のプロフィール】
投/打 :右/左
身長  :176㎝
体重  :64kg
出身中学:長浦中

 

なんと昨年の8月にオーバースローからサイドスローに投球フォームを変えたそうです。
サイドに変えたことで制球力がアップし球も速くなったと言われてます。

 

昨秋の関東大会では速球と速さの違うスライダーを武器に
相手を翻弄してきました。

 

現在は加えて落ちる変化球を取得したようで
更に投球の幅が広がっていると思われます。

 

7試合に登板し投球回数は42回。防御率は1.29と安定しています。

 

 

続いて早川投手です。

 

早川隆久投手の写真

【早川隆久投手のプロフィール】
投/打 :左/左
身長  :178㎝
体重  :68kg
出身中学:横芝中

 

スリークォーター気味の左腕で球の出どころが見づらく
タイミングを取りにくいタイプの投手です。

 

カーブ、スライダーに加え落差のあるチェンジアップも
非常に有効に使ってきます。

 

テンポの良いピッチングで打者に考える暇を与えません。

 

昨秋の公式戦では8試合に登場し
投球回数は36回で失点0。
見事なピッチングを披露してくれています。

 

スポンサーリンク


 

チーム総評

木更津総合は千葉県代表。
今回は44年ぶり2回目のセンバツ出場になります。

 

センバツ決定を喜ぶ木更津総合ナイン

 

とにかく投手力は鈴木、早川の両投手が
期待でき安定しているので、問題は打線になります。

 

昨秋のチーム打率は2割8分2厘。
関東大会に限って言えば打率は1割台でした。

 

ただ、それでも要所要所で得点を重ね
両投手が相手打線を封じてくれたため
関東大会で準優勝することが出来た訳です。

 

とにかく打線の奮起!
これが最大の課題です。

 

打てる選手と打てない選手が
極端にハッキリしているんですね。

 

4番の檜村篤史選手や小池航貴(かずき)選手
小原直起選手などが中心となって打線を牽引しますが、
他にも器用さのある木戸涼選手や
パワーを秘めた磯貝友也選手などが調子をあげてくると
どの打順からでも点の取れる打線になると思います。

 

一方で守りは固く、12試合で失策は4。
固い守りから攻撃のリズムを作って行ければ
勝機が生まれてくるでしょう。

 

チームデータ

昨秋の成績

 

試合数    12
勝      11
負      1
分      0
総得点    58
平均得点   4.83
総失点    21
平均得失点差 3.08

 

打数     348
安打     98
打率     .282
打点     50
二塁打    6
三塁打    8
本塁打    2
三振     46
四死球    49
犠打飛    34
盗塁     27
平均盗塁   2.25
失策     4
平均失策   0.33

 

学校紹介、OBなど

1963年に木更津中央高校として創立し、野球部も同時に創部しました。
2003年に清和女子短期大学付属高校と統合して現在の校名になりました。

 

木更津総合の地図

 

野球部OBは、前田三夫さん(帝京高校野球部監督)や与田剛さん、
DeNAベイスターズ:井納翔一投手など。

 

 

2015年第87回選抜高校野球大会での
木更津総合の期待度は37.1℃

 

とにかく打線の奮起。
これが木更津総合の鍵を握っていることに
間違いはありません。

 

普段、練習でやっていることが
甲子園でも出来たら、それだけでいいと思うんですね。

 

あまりプレッシャーを感じずに
のびのびと甲子園でのプレーを楽しむつもりでやったら
いい結果がついてきそうな気がします。

 

■第87回選抜高校野球大会成績

大会2日目 第3試合(14:00)
木更津総合(千葉)8 – 3 岡山理大付(岡山)

 

2回戦
3月27日(金)第1試合(9:00)
静 岡(静岡)  4 – 2 木更津総合(千葉)

 

スポンサーリンク


 

 

 - スポーツ